痛いかどうかわからない

私は、生まれた時から胃腸に問題があったようです。今ではなんでも食べますし、腹痛を感じることはほとんどありません。それに、今ではどちらかと言えば便秘で悩んでいるほどです。それでも、1週間も出ないといったひどい症状の便秘ではないので、それだけでも助かっています。生まれたばかりの赤ちゃんは、母親の母乳か粉ミルクで育ちます。それしか飲めないわけです。ところが、私はそのどちらも体質に合わなかったのか飲んでは吐き、飲んでは下痢をするといった感じで、ミルクが合わなかったのだそうです。粉ミルクもいろいろと種類を変えて試してみたそうなのですが、どれもダメだったそうです。最終の対処法として私の両親がとった行動は、お湯に砂糖を少し混ぜたものを飲ませるということでした。これを聞かされた時は、身体に悪そうなものを飲ませたんだなと正直思ったのですが、それなら飲ませても吐いたりすることはなかったのだそうです。しかし、それでは栄養価が低すぎます。本当なら子どもがミルク以外の物を口にするのは生後半年ぐらいからなわけですが、私の場合、もっと早い時期からおかゆなどの離乳食に近いものを口にしていたようです。赤ちゃんから話ができるようになるまでの数年間は、どこかに痛みがあってもそれを誰かに伝えることはできません。ミルクを飲みは吐いたりしていたりした赤ちゃんの頃、実は腹痛で泣いたりしてたのかもしれないと思います。私も、自分が子供を持ってから、大変な苦労があったんだろう・痛いかどうかわからなくてもお腹をさすってくれていたんだろうなと感じることができるようになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です